×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

▼信販系キャッシングとは

信販系キャッシングっていうけど、消費者金融や銀行ローンとどう違うの・・・?「信販系キャッシングが人気」って聞くけど、何か特別のサービスがあるのかな・・・?はいっ、いいところに気がつきましね。キャッシングの利用は、消費者金融系、信販系、銀行系、それぞれのキャッシングの違いを知ることから始まりますよ。もちろん、信販系キャッシングのメリットもたっぷりお伝えしましょう。

さて、信販系キャッシングとは、もともと、信販会社が提供しているキャッシングやカードローンをいいます。現在では、信販会社以外のクレジットカードを発行している会社が行っているキャッシングやカードローンも含めて、一般的に信販系キャッシングと呼ばれていますね。信販系キャッシングのメリットは、消費者金融系キャッシングに比べ、金利が低いことがあげられます。

信販とは、信用販売の略語。信販会社は、買い手を信用し代金後払いを認める「信用販売」という特殊なビジネスの長い歴史があります。信販系キャッシングは、このような信用取引を重んじる経営理念や、クレジットの運用管理で培ってきたノウハウの積み重ねがあります。もともと物販を前提としたビジネスからスタートしていますから、単にお金を貸すという消費者金融系キャッシングとは、理念の違いがあるのかもしれません。

比嘉愛未 お金の知識も大切


スキミングブロッカーで安心!

お財布にカードがいっぱい入っていませんか?クレジットカード・キャッシングカード・ICカードなどなど。そんな大事なカードたちが狙われているってご存知ですか?離れたところから、小型のカード情報読み取り装置で、他人のカード(クレジット・キャッシュ)の個人情報データを盗み取る行為。それが非接触スキミング犯罪です。
でもスキミングブロッカーがあれば大丈夫!このスキミングブロッカーは、財布に差し込むだけで、非接触式スキミング犯罪から簡単にスキミングを防いでくれます。使い方もとても簡単!あなたのカードを守ります!

▼信販系キャッシングと消費者金融系・銀行系との違いとは

さて、キャッシング会社は、概ね次の3つに分けることができます。消費者金融系キャッシング、信販系キャッシング、銀行系キャッシング。ここで、これらのキャッシング会社の金利の高低と審査の厳しさの関係、融資のスピードとの関係について説明しましょう。

まず、一番金利が低いのが銀行系キャッシング。次に金利が低いのが信販系キャッシング。比較的に一番金利が高めなのが消費者金融系キャッシングという順になります。この順位は、融資の際の審査の厳しさの順位と同じです。「金利が低いほど審査が厳しく、金利が高いほど審査が甘い」と覚えておきましょう。審査が厳しいということは、キャッシング会社にとっては、より低いリスクでお金を貸すことができることになります。逆に、審査が甘い・ゆるい場合には、より高いリスクを負うわけですから、審査の甘い分だけ当然に利息は高くなります。ということは、消費者金融系キャッシングは、金利は多少高めだが、審査は甘いということになりますね。

この結果、融資のスピードの速さは、総じて消費者金融系キャッシング、信販系キャッシング、銀行系キャッシングの順となります。消費者金融系キャッシングは、即日融資が可能な会社が多いということもうなづけることでしょう。●借金力

▼信販系キャッシングだけのサービスや特典とは

あなたが、万が一の時を想定してあらかじめキャッシングカードをつくるのなら、多少審査に時間はかかりますが、信販系キャッシングや銀行系キャッシングのローンカードを持っていると助かりますね。また、急な出費にスピード対応できるのは、消費者金融系キャッシングです。

消費者金融系のキャッシング会社の企業努力やコンプライアンスへの取り組みはたいへん高く評価できます。「消費者金融」というグレーなイメージも払拭しつつありありますよね。そして、金利も、銀行系キャッシングや信販系キャッシングに近づいてきましたから、消費者金融は金利が高いという図式はこれから薄れていくことでしょう。

さてさて、本題の信販系キャッシング。信販系キャッシングをお勧めする大きな魅力は、付随するサービスにあるといってもいいでしょう。例えば、マルイエポスカードはその代表といえます。クレジット機能がついて年会費が無料。誕生日月の最大10%割引ほか、たくさんのショッピング割引特典が楽しめます。また、ポイントサービスも付いていますから、さらにお徳。キャッシングはほとんどのコンビニで24時間OKです。いかがでしようか。信販系キャッシングはまさにサービスのかたまり。あなたの生活にプラスアルファの潤いは、信販系キャッシングから。きっと心が軽くなります。

クレジットカードのごほうび
電気代・ガス代・新聞代・ケータイ代などの公共料金や生活経費をクレジットカード決済にすれば、支払明細書は家計簿になり、ATMにならぶムダな時間も「節約」できる!またANAカードで毎月5万5000円を2年間使ったら国内往復の無料航空券をゲット!など本書厳選のカードのメリットを紹介。本当に正しいクレジットカードの使い方を伝授。目からウロコが落ちるような情報が満載!

Copyright © 2009 信販系キャッシングとは 消費者金融系キャッシング・銀行系キャッシングとの違い